+++ ばかっぷるが綴る、咲来(さくら)と陽来(ひかる)の成長日記 そして 我が家の色々 +++
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心の中。
2006年03月30日 (木) | 編集 |
気が狂ったように、この世の終わりのように泣き叫ぶことが出来たらいいのに。
いつの頃からか、本当にキツイ時は泣けなくなっちゃった。泣けたとしても、ただ静かに涙が出てくるだけで、人前ではすこぶるへっちゃらキャラになるみたい。わざわざ作ってないよ。本当にその時はへっちゃらになっちゃうの。
しらずしらずの自己防衛なのかな?
でも、泣き叫べたほうが周りにも何も言われなくて済むし、ほら、人って平気そうな人見たらつい小言とか苦言を言いたくなっちゃうやん、だから悲劇のヒロインやってるほうがきっと、らくに過ごせるんだよ。

そう思ったりもするけど、私はなんか他人事みたいに平気らしい。

でもでも、身近な人から何か無理したんちゃうかみたいな、何が悪かったみたいなこと言われると悲しい。
本当にわかってくれてる人は絶対絶対言わないこと。わかってくれる人やダーリンがいてくれてるから平気なんだけど、でも些細な一言が刺さってしまう。いつまでも頭の中でグルグルしてしまう。
ああ。泣き叫べたらどんなにいいか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。