+++ ばかっぷるが綴る、咲来(さくら)と陽来(ひかる)の成長日記 そして 我が家の色々 +++
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退院しました。
2006年04月01日 (土) | 編集 |
いい機会なので、手術のこと詳しく書きます。

ちょっと事細かに書きたいので、気持ち悪く思われる方は止めといてください。
では・・・

31日手術の朝、6時起床で、8時頃朝ごはんが配られたのですが、
もちろん私は絶食。
術後までおあずけです。

ちなみに正式な病名は、、、稽留(けいりゅう)流産でした。
本人の全く分からないうちに兆候も無いままだめになっちゃう流産です。
今回の手術は子宮内清掃術といいます。


10時から手術の予定が早まり、9時30分からになりました。
9時には、点滴と筋肉注射。まあまあ痛い。
そして術の説明を受けて、(やっぱり熊手のようなものでかき出すらしい・・・)しばし待機。



処置が始まりました。
手術室というよりは簡単な処置室(診察室に足の開くベッドがあって、なんかごちゃごちゃした部屋)でした。
全身麻酔をかけるので、手足が落ちたりしないように
まず、ベッドに大の字に寝て両手足をベッドに縛り付けられます。
もちろん足は全開!(私は体が硬いので開脚がつらかった;;)
パンツなんてとうに脱いでます。ハイ・・・。
血圧計が取り付けられ、酸素チューブが鼻につけられ、
なんかドラマみたいや~なんて考えてたら準備完了。


いよいよです。
麻酔がかけられます。
点滴に混ぜるので、数を数えることなく、体に入ってきた途端
目の前がクラッと回りました。
次の瞬間。

・・・・・・ナルニア国に入ってしまいました。(ぎりぎりまで読んでたのでww)
本当に魔法の扉を開けてしまったかのようで、
目の前に黄色の絵の具のような布のようなものが中心から外に向かって広がりました。次の瞬間は色がオレンジに変わって、また赤っぽく柄入りになって・・・・・つぎはサクラの顔が見えました。でも気付いたらアナグマの顔になって(ナルニアのストーリーに出てきます)、次は机とかトレイとか日常的なものが現れては消えて・・・・・
なんだかいい気持ちです。ふわふわフワフワ色んな映像の間に色が広がったり・・・・癖になりそう・・・・・


ふと気がつくと目を開けていて、看護師さんたちの顔が見えました。
終わったようです。
全く何にも感じません。
移動されているのはわかってるけど、魔法の国と現実とを入ったりきたりしています。看護師さんに気分を一生懸命説明しようとしたのですが
きっと理解されなかったと思います。

術は成功で、子宮の中の元赤ちゃんと、胎盤になりかけのものとを綺麗に取り出したようです。周りを傷つけないように慎重に処置してくださったようですが、今後、出血が続いたり、かたまりが出てくるようならどこかに傷が付いていてるのですぐ再診しないといけないようです。



次に目がしっかり覚めたのは、約2時間後でした。
猛烈にお腹が痛いです。
生理の痛さの超ピーク状態です。
しかも起き上がるとまだフラフラです。
気持ち悪くなります。

看護師さんに手伝ってもらってトイレに行きました。
尿はしたかったのに出ないで、血だけが出ました。
看護師さんに出た血を確認してもらい(トイレを流さずに、チェックしてもらうのよっ!)場合によっては血のついたナプキンの重さを計って出た血量をチェック。

そして夕方、先生にもう一度、内診をしっかりとしてもらい、
今後の注意を受けて、5時ごろ退院となりました。

今後の注意。
まず、しばらく安静にする事。
大量の血や塊が出たら病院に連絡の事。
2週間はシャワーのみ。湯舟は禁止。
次の生理は約1ヵ月後からだけど、2.3ヶ月は不順になるかも。
性生活は2週間後の検診まではおあずけのこと。
次の妊娠計画は、生理が順調になってくる3ヶ月以降先にする事。
などです。

しばらくおとなしくします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
◆kakukoちゃんへ。
ありがとう。
経験者でないとわからないつらさってあるんだよね。
私も、話で聞くのと、実際に経験してしまうのでは、
こんなに違うんだと改めて身にしみてます。
離婚もそうだけど、こうゆうマイナス事って、自分が経験するまで、どっかで軽蔑や中傷や否定的に見てしまう自分がいてて、自分は違うよ!・・・みたいな、人を自分より下に見て『かわいそう』という言葉を使ってしまうところがあった。
ヤな自分。

今回の事は、前向きに捉えて、早く体調を戻して
また明日に向かいます。
本当にありがとう。
2006/04/18(Tue) 14:13 | URL  | クミコ #-[ 編集]
NO SUBJECT
大変だったね。
私も経験があるので状況が痛いほどよくわかります。
決して自分を責めない事。
自分の力じゃどうし様もないことってあるのだから。
まずはさくらとパパの為に早く元気になる事。
そして、パパに胸の中だけで思いっきりなきなさい。
それでもう忘れなさい。
心の中だけでお悔やみ言うんだよ。
今すべき事は、安静にして、しっかり体をなおすこと。
頑張れよ!!!
2006/04/14(Fri) 23:33 | URL  | kakuko #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。