+++ ばかっぷるが綴る、咲来(さくら)と陽来(ひかる)の成長日記 そして 我が家の色々 +++
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムックとお別れ。
2006年05月30日 (火) | 編集 |
昨日の事です。

ダーリンの実家で飼っていた、ゴールデンレトリバーの
『ムック』が(犬年齢で)90歳で亡くなりました。


ダーリンの小さい時から飼い始めていて、子供の頃は一緒に寝たりもしていたようです。
ここ最近は、ムックは足が衰え、散歩に出ても(普段は庭で放し飼い)
少し歩くと途中で動かなくなってしまうくらい弱っていたようです。
そして、そのうち皮膚癌に侵され、つい先日手術したところでした。
手術後は元気さも取り戻したかのようで、
以前のように晴れやかな顔で出迎えてくれていたのですが、
それから一週間後の訃報でした。


義母は、最後の三日間、下の世話もしてあげ、毎日点滴につれていったり、それはそれは大切に看病しておられました。

私は何一つ出来なかったし、あまり触れる事もありませんでしたが
遊びに行っても、ムックが居ないと言うのはとても寂しく思います。

亡くなった夜、皆でお別れに行きました。

ムックは箱に静かに眠っているように横になっていました。
そして、大好物のパンとお花がたくさん供えてあり、
その前に簡単な祭壇が作ってあって、お焼香をさせていただきました。

サクラは、やっと『ック』と名前らしき事を呼べるようになってきて
会うたびに『ワンワン』と嬉しそうに見ていました。
だから、ムックを見ても、『ック、ねんね。ねんね。』と話していました。

まだまだ死は分かりません。
それでも、『バイバイだよ。』というと『バイバイ。』
と手を振っていました。
そして、空っぽのゲージを不思議そうに見ていました。

今日、火葬で、義母や義弟が立ち会っておられるはずです。



ムック、バイバイ。
スポンサーサイト
テーマ:大型犬と暮らそう
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。