+++ ばかっぷるが綴る、咲来(さくら)と陽来(ひかる)の成長日記 そして 我が家の色々 +++
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オタフクのその後。
2006年06月06日 (火) | 編集 |
オタフク風邪。

一歳半ではやはり低年齢過ぎてちょっと珍しいか??
おかげで、とても軽く済んでいるようです。

腫れは、発症の翌日、土曜から段々と小さくなってきて
三日目の日曜の朝にはほとんど分からなくなりました。
お風呂はシャワーで汗を流してる(頭も洗うけど)だけです。
熱なし、反対側の腫れもなしです。


日曜の様子。
父ちゃんと布団でゴロゴロじゃれてる。すこぶる元気!2006060601.jpg


で、火曜の本日、診察の日でした。
先生が『ま、外出ていいでしょう。』
やりっ!!

でもね、でもね、皆様ご注意ください!
この先生談なんですが、『オタフク』と言うのは
多分でしか言えないそうです。
同じところが腫れるウィルスは他にも分かっているだけで3種類。
その他も入れるとたくさんあって、『多分オタフクです』とあやふやにしか判断できないそうです。
だから、一目見て『オタフクですね』とか腫れている時に血液検査をして『オタフクです』というお医者さんもちょっと『どうかな???』だそうです。
きちんと判断付くのは腫れてから半年以上経って血液検査をして免疫が付いていたら初めて『オタフクにかかってたんだ。』ということになります。
しかも、片方だけ腫れただけでもちゃんと免疫はできるので、二回はかからないそうです。ただし、オタフクと思っていても結果として違っていたらいつかオタフクにかかるわけで、くどいですが、

小学校5・6年生頃に一度血液検査をして、免疫が付いているかを調べ、付いてなければ予防接種を受けましょう。といことです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
◆ちびたまママさんへ◆
うわあ~!マジですか!?
大人のオタフクは色々問題が起こりやすいようですよね。予防接種をしっかり受けた方がいいのでは???
でも、そうゆう私も、間違いなくなってる覚えがあるんだけど、今回のお医者さんの話を聞くとちょっと不安になったり・・・ww
何かの機会があったらついでに調べておこうと思ってます。
2006/06/07(Wed) 17:09 | URL  | クミコ。 #-[ 編集]
おたふくっ・・。
おたふく風邪・・。
私ママがまだやってないのですよね。
先輩ママさんにっ絶対お子からうつるよ~!って言われて・・恐すぎです><。
大人のは かなりきついみたいだし~ひい~っ!
サクラちゃんはっ小さいうちでっよかったよかった。
 
2006/06/07(Wed) 03:31 | URL  | ちびたまママ #-[ 編集]
◆よっこっこさんへ。◆
一応、私の行った先生の話なんで、色んな説があるのかもしれませんが、そうゆうことらしいです。
予防接種したら、水疱瘡もだけど、注射しててもかかる時はかかるけど、軽くて済むって話もありますよね。
どっちにしても、大人になるまでに済ませてしまうのが一番なようですよ。

サクラは外に出たら最後、なかなか家に入ってくれませんでした。よっぽど外遊びがしたかったんやなあ。
2006/06/06(Tue) 16:23 | URL  | クミコ。 #-[ 編集]
NO SUBJECT
おたふくって、そういうことなんですか。
予防接種を受けようかと思っているんだけど、
受けたらかからないのかな?
でも、サクラちゃん軽く済んでよかったですね。
外出禁止解除、おめでとう~!v-315
2006/06/06(Tue) 15:16 | URL  | よっこっこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。